「きみがよものがたり」出版記念お披露目会

2012年 9月9日(日) 《重陽の節句》

開場 19:00 開演 19:30~21:00 

新宿住友ホール (新宿住友ビルB1)

 

お陰さまで「きみがよものがたり」の出版記念お披露目会は、大盛況をもちまして無事、幕を閉じることが出来ました。

338名の皆様と重陽の節句という特別な日に「結び」を取り交わさせ て頂きました。

御来場頂きました縁ある皆様方に心より感謝申し上げます。

「うるはしき やまとごころのめざめ」をテーマとした舞台演出を心掛けました。歌や舞、ライブ演奏など、様々なアーティストのステージパフォーマンスなども楽しんで頂けたことと思います。

スライドショーで会場の臨場感を味わって頂ければ幸甚です。

→右端真ん中の(>)マークをクリックして次の写真へお進み下さい。
当日は絵本とCDの販売もありました。
開演前から販売コーナーは長蛇の列
会場は立見が出るほど満員状態        
開演前の会場の様子
司会の岡本真理子さんと林煌純さん
絵本を投影して、生での朗読
CDでもおなじみ、まさこさんによる「きみがよものがたり」の朗読
挨拶は書道家の山本光輝先生
「アマテラスオホミカミ」舞の倭瑠七さん
笛の中村香奈子さん
歌の野田佐誉子さん
三昧琴の阿波の乙女さん
この日のために再結成した「にぎらい」 手前は三味線の弁天太朗
♪「福姫」真ん中 歌&踊りの奈美 右横 ギターボーカルの辻井コウスケ
太鼓の藤森るー
♪「お祭りシャンシャン」で会場もお祭りムードに

神村 茂三(かみむら しげぞう)
 

キティーレコード、東芝EMIとメジャーを経た後に、プライベートスタジオ「オクターブスタジオ」を中心に、作曲活動を展開。CM、ゲーム、舞台の音楽制作を始める。独自の感性で「和の世界」を描くサウンドには定評があり、i-tuneなどで配信中のソロアルバム「deep inside」は、特に海外でのダウンロードが多い。2011年3月に新宿スペースゼロでおこなわれたシートン動物記のミュージカル「オオカミ王ロボ」の音楽を担当。大盛況の末、来年の3月に再演が決定している。また、この秋には自身の2枚目にあたるソロアルバムを「日輪(にちりん)「月輪(がちりん)」を2枚同時リリースする予定。また、この「きみがよものかたり公式サイト」の制作も手がけていて、音楽以外にも映像制作やWEBデザインなど守備範囲の幅広いマルチアーティストである。     公式サイト

MASA
 

人物、静物、風景、コマーシャル、ドキュメンタリー、イメージ、リアリズム、モノクローム、カラー ・・・

あらゆるジャンルを切り撮る、マルチ・フォトグラファー。組作、連作などの創作作品も多数。

現在は、「四大元素」、「陰陽五行」をテーマとする作品に取り組み、自身のライフワークとする。

 

 

倭 瑠七(やまと るな)
 

平成7年7月7日元伊勢皇太神宮にて「月舞い」発表。その後、伊勢神宮を始め全国の神社仏閣より舞の依頼を受け活動開始。様々なアーチストとのコラボレーションにて全国各地で舞台活動。日本はもとよりアメリカ、フランス、中国、インド、イタリア、招待出演。2000年より松坂市「七夕祭」、国史跡伊勢斎宮「観月祭」、横浜能楽堂にて通年出演。伊勢神宮「宇治橋落成式典」出演。

2010年東久邇宮文化褒賞受賞。

公式サイト→

中村香奈子(なかむら かなこ)
 

尚美短期大学音楽学部作曲科、東京芸術大学邦楽科雅楽専攻卒業。1996年から2005年まで雅楽演奏団体「伶楽舎」のメンバーとして研鑽を積む。また1996年~2009年まで田島和枝氏との雅楽ユニット「むすびひめ」にて小編成雅楽の魅力をお伝えする。現在は埼玉県日高市の高麗神社神明奉仕に励みつつ、生命の響きに耳を澄ますこと、日本古来の季節のめぐりを感じる心、横笛の魅力、雅楽の魅力をお伝えすることなどをテーマに様々な演奏企画・演奏に携わっている。香風舎(こうふうしゃ)雅楽乃会代表。

公式サイト→

野田 佐誉子(のだ さよこ)
 

アイリッシュハープトリオ・「スイートローズ」のメンバーとして活動。

アイリッシュハープの弾き語り~伊勢神宮を始め各神社での奉納演奏。
叙勲式典、ライブハウスでの演奏。
本年3月スペインアンダルシアジャパンにて演奏。

阿波の乙姫(あわの おとひめ)
 

奈良の天河大辨財天社で五十鈴に出会い音の癒しを追及。チベットのシンキングボール演奏で、全国各地の神社、仏閣で奉納演奏。昨年に続いて、今年5月、2回目のイスラエルには、三昧琴をガラリヤ湖で演奏。舞とのコラボをはじめとして、雅楽、法螺、ピアノ、チェロ、ヨーガ、ディジュリドウ、クリスタルボール、オカリナ,書、絵画などとの様々なコラボを展開。

まさこ
 

ことのは語り。

心と体にやさしい料理を提供するレストラン経営の体験から、いのちをいただくことを意識して食べることが、いかに大切か伝えている。2人の息子の子育て体験から、母親が心に届く言葉(ことのは)を子どもに語りかけることが、いかに大切か伝えている。医師の日野原重明先生の『10代いのちの授業』にも協力。講演で全国を回り、最近は、朗読会にも力を注いでいる。

NHKラジオ「鎌田寛 いのちの対話」、テレビ静岡「テレビ寺子屋」出演。

にぎらい
 

2004年、作曲家の神村茂三を中心に、ボーカル・ギターの辻井コウスケ、ボーカル・三味線の弁天太朗、ボーカル・ダンスパフォーマンスの奈美、とで結成。和楽器とポップスとが心地良く混ざり合った独自のサウンドで、子供からお年寄りまで幅広い層に支持されている。2005年には、JAXAの主催する「宇宙の音楽キャンペーン」では宇宙飛行士の若田光一より審査員特別賞を受賞する。御堂筋パレード出演や大衆演劇の劇団美川との競演など、風変わりなライブで巷を賑す。2009年の結成5周年記念ライブを最後に解散。しかし、今年「きみがよ〜ひかりの組曲〜」の制作のために打楽器奏者に藤森るーを迎えて再結成。そして今回、読み聞かせ絵本「きみがよものがたり」のお披露目会に出演。新宿住友ホールにて「にぎらい」の再結成ライブを3年ぶりに行う。過去にファーストアルバム「天空シャンシャン」、セカンドアルバム「しゃんしゃん情歌」の二枚のアルバムをリリース。

BGM「アマテラスオホミカミ

作曲 たちばな のりとし
 
編曲 神村茂三