にぎらい  (和風ミクスチャーポップユニット)

 2004年の6月、作曲家でキーボードプレーヤーの神村茂三を中心に、ボーカル・ギターの辻井コウスケ、ボーカル・三味線の弁天太朗、ボーカル・ダンスパフォーマンスの奈美とで結成。和楽器とポップスとが心地良く混ざり合った独自のサウンドで、子供からお年寄りまで幅広い層に支持されている。7月27日には、初のフルアルバム「天空シャンシャン」を発売。2005年には、ジャクサ(JAXA)の主催する「宇宙の音楽キャンペーン」に応募し、637作品から4作品に絞られ、愛知万博・エキスポ・ホールで行なわれた最終審査会に出演。「和楽器がこんなにも宇宙に合うとは思っていませんでした」と絶賛した宇宙飛行士の若田光一より審査員特別賞を受賞する。御堂筋パレード出演や大衆演劇の劇団美川との競演など、風変わりなライブでも巷を賑わしており、2007年5月には初の東京ツアーがおこなわれ、各ライブハウスに衝撃を与える。同年12月、セカンドアルバム「しゃんしゃん情歌」をリリース。2009年5月の結成5周年記念ライブを最後に解散。しかし、今年「きみがよ~ひかりの組曲~」の制作のために打楽器奏者に藤森るーを迎えて再結成。そして今回、読み聞かせ絵本「きみがよものがたり」のお披露目会に出演。新宿住友ホールにて「にぎらい」の再結成ライブを3年ぶりに行う。

辻井コウスケ (ボーカル&ギター)

12月2日生まれ O型 射手座
中学3年生の時に初めてエレキギターを手にして音楽に目覚める。部屋で一人弾きまくるだけのギター小僧だった高校生活を終了後やっと19歳からバンド活動を開始。ピーズアレイ、シナプス等のグループを経て2004年に神村茂三と出会いその才能に憧れて「にぎらい」に参加。初めてリードボーカルとしてステージに立ち歌う喜びと深さに打ちのめされて今に至る。
とにかくビートルズが大好き!  奈良県大和高田市にある老舗の仏壇屋「辻井蓮華堂」の3代目店主でもある。 

ブログボクの縁側♪」→

弁天太朗 (ボーカル&三味線)

11月18日生まれ O型 (本名:櫨山哲明)

日本人のアイデンティティーを探すために津軽三味線をはじめる。関西各地で三味線のストリート演奏を行い、地方紙・メディアで取り上げられる。ホテルや野外ステージ、福祉施設、教育・文化施設、神社仏閣などでの演奏を開始。奈良県吉野天川神社での奉納演奏をきっかけに自然の中で演奏することの心地よさを知る。2004年にはプレベネチアビエンナーレで世界四大アーティスト嶋本昭三氏と「女拓と三味線とのコラボレーション」を行う。2007年、自ら作詞作曲・演奏をするバンド「ニライカナイ」でeco japan cup 2007 カルチャー部門エコミュージック準グランプリを受賞。

弁天太朗公式サイト→   画家:櫨山哲明のサイト→

奈美(ボーカル&ダンス)

2月7日生まれ 水瓶座 A型 大阪市平野区出身 

3歳の頃にSTUDIO HARUTAの前身、春田バレエスタジオに入団、バレエをはじめる。13歳の時にジャズに転向。以後、毎年おこなわれるジャズダンススタジオハルタの公演やイベントに出演。ダンサー以外にも舞台役者やイリュージョンマジックのアシスタント、イベントの司会、ナレーター、ファッションショーのモデルと活動も幅広い。また、シンガーとしても定評があり、テレビやラジオのCMや多くのCD作品に参加している。

Dancer Nami's Site→

藤森るー(パーカッション)

6月21日生まれ A型 ふたご座 

幼少より絵を描く人でした。やがて芝居をする人になりました。なぜ今打楽器奏者なのでしょう。不思議です。現在はドラマー&パーカッショニストとして出演の他、インストラクター、コンポーザーとしても活動中。その他、司会者、ラジオパーソナリティ、モデル、料理研究家としても出演。さらにデザイナー、イラストレーターとしても活動しており、とりわけ似顔絵は「イヤなトコがすごく似ている」と評価が高い。

藤森るー率いるインストバンド「ぱ」のぺーじ→

 

神村茂三(ボイス&キーボード)

9月26日生まれ O型 天秤座

「にぎらい」のサウンドクリエイター。作詞•作曲•編曲•レコーディング•編集や映像制作、WEB制作、ライブ用の照明のプログラムまでなんでもこなすが、ライブではすでに鍵盤を弾くより、機材の操作に追われてる感がある。中学の時に電子オルガンを始め、やがて音楽の道にのめり込む。険しくも楽しい「作曲道」をただひたすらに突き進む娘二人のパパ。シートン動物記のミュージカル「オオカミ王ロボ」や現在、全国で公演中の「きかんしゃトーマス」のミュージカル「ソドー島のたからもの」の音楽を担当。

また防水•塗装工事屋の2代目というもう一つの顔がある。